作曲・BGMの依頼ができる音楽制作会社まとめ

作曲やBGMの作成を依頼したいけど、音楽制作を依頼できる会社がたくさんあって、どこに依頼すればいいのか迷ってしまいますよね。

「どんな所があるの?」「何が違うのかわからない」

そんなお悩みを解決するべく、ここでは代表的な音楽制作会社を紹介していきます。

MISTRAY

『シーンに合わせた最適なBGM・主題歌』の制作が代名詞のMISTRAY。

劇伴からポップス曲に至るまで幅広いジャンルの音楽制作を得意としていて、要望を元に作曲を進めてもらえるのが特徴です。
スマホゲームやソーシャルアプリのBGMの他、CM音楽やゲームのテーマソング(主題歌)、アーティスト向けの歌曲の制作依頼も可能となっています。

複数曲まとめて依頼の場合は割引キャンペーンもある等、企業だけでなく個人や同人サークルからの要望にも対応しているのが嬉しいですね。

楽曲制作にあたる入念なヒアリング・打合せはもちろん、デモ確認時には無料のリテイクサービスが付帯しているので、編曲過程を随時確認して修正要望を出す事ができるため、よりイメージに近い仕上がりになるとの評判です。

所属作家の経歴を載せていないのですが、サンプル音源を聞く限りでは、繊細な作りこみで最新のサウンド感があり、同価格帯の音楽制作会社に比べると頭一つクオリティが高く抜けている印象を受けました。

また、MISTRAYは現在は法人傘下ですが、元々は音楽サークルから始まった団体だったようです。そのためか、他の音楽制作会社と比べて依頼料金も比較的安価なお見積りが返ってきました。(※注:2018年11月時点)

最新の流行りを取り入れた品質の高い楽曲制作という軸で作曲・編曲を依頼したい方にはオススメの音楽ブランドです。

株式会社ネクストデザイン

“高クオリティの音楽制作コンテンツを提供する事に責任を持っている”という部分が売りのネクストデザイン。

各ジャンルごとにデモ音源が公開されてますので、まずはこちらを聞いてみると良いのではないでしょうか。

大手企業での制作実績が多数ある事も安心の要因ですね。

パッケージでの制作販売ではなく、制作内容ごとに依頼料金が変わりますので、まずは無料見積もりを行ってみる必要があります。

株式会社ジーアングル

ジーアングルは、音楽制作だけでなく、映像制作やイラスト・アニメ制作なども行っている会社です。
ただ楽曲制作を依頼するだけでなく、コンセプトの立案・制作・演出まで手伝ってくれたりと、サウンド制作に関して総合的なプロデュースを行ってもらう事も可能です。

HPを見ても分かる通り、大手所の華々しい制作実績もありますので、クオリティ面は安心できるのではないでしょうか。

発注内容から大幅にズレなければではありますが、リテイク回数に制限が無いのも嬉しいですね。

株式会社ジョーカーサウンズ

ジョーカーサウンズでは、作曲歴15年以上のプロの作曲家が、全ての楽曲制作を担当。
高品質・格安制作プランでは、お手軽に高クオリティの楽曲制作を依頼する事も可能です。

生演奏やフルオーケストラ等、オプションも豊富に用意されており、限られた予算と時間の中でも高品質の楽曲の提供を受ける事ができます。

プレミアム高品質サウンド制作プランでは、フルオプションにて1曲1曲に時間をかけて、楽曲制作にあたっていきます。
一方で、修正依頼不要の格安プランなど、制作費を安く済ませるためのプランも多数用意されています。

【番外編】ココナラ

ココナラは『知識・経験・スキルを売り買いできるフリーマーケット』です。

ココナラに『作曲』という技術を出品しているクリエイターに、直接楽曲制作の依頼をする事が出来ます。

クリエイターと言っても様々な人がいるため、アマチュアやセミプロはもちろん、中にはメジャー実績があるようなクリエイターも出品を行っている場合もあります。

ただし、結局は個人のクリエイターへの依頼となってしまう為、自分の望み通りの楽曲を作ってもらえるかは、依頼したクリエイター次第となってしまいます。

また、納期に間に合わなかったり、途中で連絡がつかなくなったり等、トラブルが発生するケースもありますので、依頼するクリエイター選びは慎重に行いたいですね。