東京事変/修羅場:新譜レビュー


listenmusic
50音検索
アルファベット検索
ジャンル検索    

キーワード検索 
 アーティスト名
 歌詞検索(β版)
   



ホーム > 新譜レビュー > 東京事変/修羅場
東京事変/修羅場
ジャケットイメージ
タイトル:修羅場
アーティスト:東京事変
CDシングル(12cm)
2005/11/02
EMIミュージック・ジャパン
税抜価格:1143円
収録曲:
1. 修羅場
2. 恋は幻 GET IT UP FOR LOVE
3. 落日

クリックすると各ショップ該当作品を購入できます


鍵盤(=キーボード)のH是都M(=PE’Zのヒイズミマサユ機)と、六弦(=ギター)の晝海幹音(=昼海幹音)が脱退し、新たなメンバーとしてピアノ・ポップ・トリオ、あっぱのヴォーカル/ピアノ/ソング・ライティングを担当する伊澤一葉をキーボードに、『加爾基 精液 栗ノ花』への参加や「映日紅の花」の楽曲提供で椎名林檎時代から付き合いのある浮雲をギターに迎えた、第2期東京事変の幕開けを飾るシングル。
打ち込みと生ドラムが同居し、8ビートかと思えば4つ打ち、あるいはファットなヒップホップ・ビートに変化する多彩なリズム、うねりながらグイグイ引っ張るベース、新加入メンバーによる洒落たエレピやガット・ギターのソロが渦巻く「修羅場」は、フジテレビ系ドラマ『大奥〜華の乱〜』の主題歌だが、男4人を従え、絶妙の説得力で林檎が歌う東京事変は裏大奥とでも呼ぶべきもの。上様であらせられる林檎嬢を巡り、メンバー間に火花が散るような男の争いが……というのは言い過ぎとしても、メンバーの交代でバンドに化学変化が起きたのは間違いない快作だ。カップリングは70年代AORの名曲、ネッド・ドヒニーの「恋は幻」を弾むディスコ・ビートで換骨奪胎したカヴァーに、メンバーの脱退劇を曲にしたというピアノ・バラード「落日」。3曲とも全くバラバラな音楽性なのに、一本筋が通って聴こえるのは流石。ライヴ音源を抜粋し、新バンドを「よろしく!」と紹介した最後のおまけ部分まで含め、いかにも林檎印なお徳盤。(青雪吉木)

新譜レビュー一覧へ戻る
東京IT新聞

 

最新ヘッドライン 
音楽ニュース さらに詳しく RSS
10月20日17時0分更新
菊池桃子、「トップテン」出演映像を完全収録した30周年記念DVD発売決定
listenmusicをフォローしましょう
ページアクセスランキング  
【アーティスト人気ランキング】
10月19日0時0分更新
1位
昨今、R&Bシーンでは男性アーティスト陣の活躍も盛り上がりをみせており、そのサウンド・スタイルはロー... ...続きを読む
EXILE
2位
01年に地元・沖縄限定でリリースした1stアルバム『Departure』があっという間に完売。翌年に... ...続きを読む
HY
3位
“東方神起”とは「アジアの神が起きる」という意味合いで命名されたグループ名だそう。
総じて86... ...続きを読む
東方神起
4位
5位
6位
7位
8位
9位
10位

歌詞・音楽ニュース・アニメ・アニソン情報サイト listenmusic
会社案内プレスリリース採用情報個人情報保護方針サービス案内

©株式会社エムティーアイ/サイト内情報の無断転用を禁止します。
※iPhone、iPad、iPod、iTunesはApple Inc.の商標です
※"WALKMAN"、"ウォークマン"およびそのロゴは、ソニー株式会社の日本国およびその他の国における登録商標または商標です