超特急の男性限定ライブが大熱狂のうちに幕|J-POP|音楽ニュース listenmusic


listenmusic
50音検索
アルファベット検索
ジャンル検索    
キーワード検索 
 アーティスト名
 歌詞検索(β版)
   

 


ホーム > 音楽ニュース > 超特急の男性限定ライブが大熱狂のうちに幕
音楽ニュース RSS配信中
Yahoo!ブックマークに登録

超特急の男性限定ライブが大熱狂のうちに幕


3月18日@渋谷duo MUSIC EXCHANGE
3月18日@渋谷duo MUSIC EXCHANGE
7人組ダンス&ボーカルグループ・超特急が、男性限定ライブ『BOYS GIG Vol.3』を3月18日に渋谷duo MUSIC EXCHANGEにて開催した。一昨年より始まった通称“男祭り”も今回で3回目。男性特有のパワフルな空気感と分厚いコールが、超特急の全力投球なパフォーマンスとシンクロして、男祭りならではの勢いと熱気あふれる空間を作り上げてみせた。

お馴染みのSEが流れると、男8号車でいっぱいのフロアはサイリウムの海となり、ユーキがデザインしたキャラ“ハチ男”をあしらったTシャツ姿で7人が揃えば、超特急随一のハイパーソング「超えてアバンチュール」で躍動感いっぱいにライブはスタート。男8号車たちは「ハイ!ハイ!」と力強く掛け声を入れ、メンバーカラーのサイリウムを振る、その反応の素早さに、まずは圧倒される。お返しとばかり「Shake body」に「Drive on week」と普段は女性陣を熱狂させるセクシーなナンバーの中に、コーイチとタカシも“男”のワードを投入しまくれば、超特急名物とも言える8号車のメンバーコールも合いの手も完璧で、思わずタクヤも「男!」とシャウト。コーイチは「男! ボーイ! メンズ! オス!」と煽る等、メンバーもどんどんヒートアップして、場内の室温は凄まじい勢いで上昇し、後のMCでリョウガに「最初の3曲でテンション上がりすぎて喉が枯れた」と言わしめたほどだ。

MCでは昨年に続いて末っ子担当のタカシが司会を務め、「年に一度の祭りなので、精一杯声を出して楽しんでいけたらいいな」と挨拶。また、本日のライブはニコニコ生放送でも生中継されているとのことで、画面越しの8号車にも「見てる!?」とアピールし、タブレットを持ち出してチェックすると、タカシの初々しい仕切りに“真面目”とコメントされていたようだ。そこからリア充への切望を綴る歌謡チューン「LIBIDO」ではストーリー性豊かなダンスに拍手が湧き、「Believe×Believe」の前には「どんな壁にぶつかったとしても、その壁をブチ破って前に進んでいこうという、とても情熱的な曲です。シビれる準備はできてるか?」というリョウガのMCも。いつもと客席の顔ぶれが違うライブということで、お馴染みのライブ定番曲も改めて意味合いを説明してくれるのが嬉しい。

イントロがブレイクして「おい、Kiss Me Baby?」とユーキが呟いたタイトルコールに歓声が湧いた「Kiss Me Baby」では、キメ台詞も「Kiss Me 男!」と歌い替え。男8号車が絶妙のタイミングでコールを入れる「Secret Express」を終えると、メンバーも口々に「熱い!」と零して、8号車に男女の垣根など無いのだと思い知らされる。が、ここで男祭りならではのコーナー、その名も“男祭り相撲三番勝負”が開始。超特急メンバーと会場の8号車が腕相撲、手押し相撲、紙相撲でガチンコバトルするもので、「8号車が勝ったら好きな曲をやります」という公約付きだ。結果、手押し相撲でリョウガが勝利したものの、腕相撲でユースケが、紙相撲でユーキが敗北して、勝負は男8号車の勝ちに。そして拍手投票とタカシの独断によって選ばれた「We Can Do It!」を追加披露するが、センターのカイを筆頭に挑発的な表情と誘惑オーラ満点の動きには場内から溜息ともつかない歓声が湧く。メンバー全員が成人を迎え、今やその色気は異性のみならず同性すらも虜にするらしい。

そのリアクションの良さに、ユーキは「年1回じゃなく、来年こそもっと早くやりたい」と決意を露わに。そして6号車・ユースケが、昨年の男祭りでは思うようにダイブができなかった悔しさを吐露し、「だから今日は、もう一回チャレンジしたい。みんな、僕と一心同体になりましょう!」と、昨年と同じ「バッタマン」でダイブに挑戦することを宣言。オーディエンスを前に詰めさせ、歌詞中のカウントアップから「みんな頼むぜ!」と背面からダイブすると、その身体はフロアの端から端まで見事、男8号車の海を渡ってゆく。1年越しで果たしたリベンジに、ユースケは「みんな、ありがとう! 最高!」と投げキスの大盤振る舞い。共に一つのミッションを成し遂げたという達成感は、そのまま大きな一体感へと変わり、続く「OVER DRIVE」ではテンション振り切れたメンバーがステージを下りて客席を駆け回るシーンも。遂には「ホントに男大好きだー! 好きすぎる!」とユースケが雄叫びをあげ、さらに「fanfare」と胸熱くなるナンバーを重ねて大合唱を巻き起こし、タクヤに「感動しちゃった、俺。一人で泣いちゃった」と告白させた。

すぐに湧いた「超特急!」コールに応えたアンコールでは、「走れ!!!!超特急」で隣同士電車のように連なる振りを男8号車たちにも倣わせ、ラストの「Burn!」ではピッタリ息の合ったメンバーコールからサビの大合唱まで! 感動的なパフォーマンスを終えると、タカシは「みんなのおかげで男祭り、最高に楽しかったです。これが年に一度と言わず、さらに何度もできるように僕たち頑張っていきますので、これからもよろしくお願いします」と締めくくる。また、4月29日にスタートする超特急史上最大規模の全国ツアー『Trans NIPPON Express』に向け、カイは「絶対に来ないと後悔するようなライブにする」と力強く約束した。こうして普段は女性の陰に隠れがちの男8号車と固い絆を結んだ彼らは、ユーロスターとのコラボによりジャケット写真やMVをロンドンで撮影した話題の結成5周年記念シングル「超ネバギバDANCE」を4月26日にリリース。全国ツアーの追加公演として6月14日には初の日本武道館公演もアナウンスされたばかりと、この春からも超特急の動向を見逃してはならない。

【セットリスト】

M1.超えてアバンチュール
M2.Shake body
M3.Drive on week
M4.LIBIDO
M5.Believe×Believe
M6.Kiss Me Baby
M7.Secret Express
M8.We Can Do It!
M9.バッタマン
M10.OVER DRIVE
M11.fanfare
<ENCORE>
EC1.走れ!!!!超特急
EC2.Burn!

【ツアー情報】

4月29日(土) 北海道・わくわくホリデーホール(札幌市民ホール)
5月03日(水祝) 大阪・大阪国際会議場 メインホール
5月04日(木祝) 大阪・大阪国際会議場 メインホール
5月06日(土) 山口・周南市文化会館
5月07日(日) 広島・広島JMSアステールプラザ大ホール
5月12日(金) 神奈川・よこすか芸術劇場
5月20日(土) 石川・本多の森ホール
5月21日(日) 富山・高周波文化ホール
5月27日(土) 静岡・静岡市民文化会館 大ホール
5月28日(日) 岐阜・土岐市文化プラザ・サンホール
6月03日(土) 和歌山・和歌山市民会館 大ホール
6月04日(日) 京都・文化パルク城陽 プラムホール ※追加公演
6月14日(水) 東京・日本武道館 ※追加公演
6月17日(土) 鹿児島・鹿児島市民文化ホール 第二ホール
6月18日(日) 福岡・福岡サンパレス
6月24日(土) 千葉・松戸 森のホール21 大ホール
7月01日(土) 山形・酒田市民会館 希望ホール
7月02日(日) 宮城・東京エレクトロンホール宮城
7月09日(日) 三重・三重県文化会館 大ホール※追加公演
7月15日(土) 香川・サンポートホール高松・大ホール
7月17日(月祝) 愛知・名古屋国際会議場センチュリーホール
7月23日(日) 兵庫・神戸国際会館 こくさいホール
8月08日(火) 東京・東京国際フォーラム ホールA

【リリース情報】

“SUPER”をテーマにした12枚目となるシングルは、昨年末の代々木第一体育館でのライブパフォーマンスを凝縮して収録したBlu-ray付き完全限定盤のほか、ツアー会場で配布する生写真付き限定盤や、2ショット撮影会参加券付きなど、超特急ワールドを堪能できる4形態でのリリース。

シングル「超ネバギバDANCE」
2017年4月26日(水)発売
ZXRC-1103/¥1,000(税込)
※SUPER NORMAL EDITION
<収録曲>
「超ネバギバDANCE」
「gr8est journey」
全2曲収録予定

listenmusic - (2017-03-20 08:00)



このニュースのジャンル


人気の画像一覧 (クリックで拡大)  (すべて見る)

 


歌詞・音楽ニュース・アニメ・アニソン情報サイト listenmusic
会社案内プレスリリース採用情報当社の個人情報保護方針サービス案内プライバシーポリシー著作権管理団体許諾番号お問い合わせ

©エムティーアイ/サイト内情報の無断転用を禁止します。
※iPhone、iPad、iPod、iTunesはApple Inc.の商標です
※"WALKMAN"、"ウォークマン"およびそのロゴは、ソニー株式会社の日本国およびその他の国における登録商標または商標です